クラウドセキュリティ脅威レポート(CSTR)2019

73% の企業が未成熟なセキュリティ対策が原因でクラウドインシデントが発生したと回答。

『2019 年クラウドセキュリティ脅威レポート(CSTR)第 1 号』では、進化するクラウドの脅威に対する企業の対応策を説明し、可視化、データ制御の欠如、未成熟なセキュリティ対策といった課題を洗い出しています。

『2019 年クラウドセキュリティ脅威レポート』の主な内容は、以下のとおりです。

  • 1. 73% の企業が未成熟なセキュリティ対策が原因でクラウドインシデントが発生したと回答
  • 2. 過去 12 カ月の間に発生したセキュリティインシデントのうち、クラウドで発生した割合が 63% に上ることが判明
  • 3. 回答者の 69% が、ダークウェブで自社のデータが売買されている可能性があると回答
Cloud Security Threat Report 2019

登録はこちら

* は必須の項目です

お送りいただく情報はすべて、シマンテックのグローバルプライバシーステートメント の対象となります。登録は、プリファレンスセンターからいつでも解除できます。