フォームジャッキング、標的型攻撃、ツールの現地調達という手法であなたのビジネスが狙われています。

シマンテックの『2019 年インターネットセキュリティ脅威レポート』では、世界最大規模の民間インテリジェンスネットワークの知見を詳細に確認し、次のことを明らかにしています。

  • フォームジャッキング攻撃が激増し、毎月平均 4,800 の Web サイトが侵害されています。
  • ランサムウェアの標的は消費者から企業に移行し、感染は 12 パーセント増加しています。
  • 構成の不適切な S3 バケットから 7,000 万件以上の情報が盗み出されました。クラウド導入を急いだことが原因です。
  • サプライチェーンは引き続き容易な標的であり、攻撃は 78% 増加しています。
  • 「スマートスピーカー、サイバー攻撃をお願い」:IoT は標的型攻撃の主要な侵入経路でした。ほとんどの IoT デバイスは脆弱性を有しています。

シマンテックは 157 の国と地域に 1 億 2,300 万のセンサーを配して、毎秒数千件の脅威イベントを記録し、徹底的に調査しています。シマンテックの『2019 年インターネットセキュリティ脅威レポート』をダウンロードして、他にはない有用なインテリジェンスをご活用ください。

フォームを表示して送信するには、JavaScript を有効にしてください。
手順については、 http://enable-javascript.com/
を参照してください。
または、Firefox Chrome など別のブラウザをお使いください。
フォローしてください: YouTube Twitter